排水管の水漏れ修理でお役立ちの知識

排水管の水漏れ修理でお役立ちの知識 毎日の生活排水を流す、大切な役目を果たしているのが排水口や排水管です。台所やトイレ、バスルームなどから毎日大量の排水が流れるので、常に劣化や損傷のリスクがあります。10年以上経過すると、水漏れリスクが高くなり、いつ水トラブルが起きてもおかしくない状態になります。
簡単に水トラブルが起きないように、素材や設計方法に注意を払っていますが、万が一水漏れが起きてしまったときに、慌てないように必要な知識を身につけておくことは大事です。水道 工事業者に依頼する前に、自分で水が漏れている箇所を確認できると、水道 修理もスムーズに進めることができます。場所が特定できれば、これまでの事例から原因も予想できるので、簡単な修理なら自分で行うことも可能です。

■排水管の水漏れが起きやすい場所

排水設備はそれぞれの家庭によってさまざまですが、およそ次の場所に集約されます。まず台所と洗面所や浴室、トイレです。このほか屋外の排水溝や下水管も含まれます。最近は一人暮らしの単身世帯が増えており、洗面所と浴室が一体化したユニットバスを使用している世帯も増えています。
ユニットバスは新しくシステムバスとも呼ばれています。排水管の水漏れトラブルが起きると、排水の悪臭がしたり、空気が湿気ってしまうので、床材や壁材にカビが発生したり、腐食したりします。生活排水が漏れ出てしまうので不衛生となり、害虫がよく発生するという事態も起こります。

■排水管の水漏れが起きる主な要因
排水口や排水管で水漏れが起きる要因は主に3つあります。1つはパイプのつまりです。パイプがつまると、水の流れが悪くなり、パイプの許容範囲を超えると水が漏れ出します。パイプのつまりで多いのは台所や浴室などの排水口に小さなごみくずや髪の毛などの汚れが蓄積したり、洗濯機のホースに糸くずや髪の毛がつまるなどです。
2つ目はパイプの接続部の緩みです。振動や衝撃、つまり、老朽化などにより、接続部分に緩みが生じ水が漏れ出します。パッキンやナットの部品を使用して接続していることが多いためです。放置しておくとパイプが破損し、大がかりな水道 工事に繋がるケースもあります。3つ目は経年劣化による老朽化です。排水パイプも使用年数のより徐々に劣化します。使用を始めて10年以上経過しているのであれば、常に水トラブルのリスクがあります。。

■自分で排水管の水漏れを調べる方法

家庭でも簡単に水漏れを調べられる方法があります。水漏れの判断で難しいのは、排水管からにじむように水が漏れているケースです。軽微な症状なので放置しておくと、ある日突然水道管が破裂するという大惨事になることもあります。小さな異変を見逃さないために、量水器を確認します。水を使用しない状態で10分ほどじっと観察し、わずかでも動くならどこかから水が漏れている可能性があります。
家の中の排水設備をくまなく点検し、目視で調べます。穴が開いていれば分かりますが、弁状に破損していると分かりづらいです。上から下に管をよく観察し、小さなヒビも見逃さないようにします。また、異常な音で分かることもあります。水栓を閉めたときに、空気が抜けるような音がすると、何らかの異常が発生しています。

■まとめ
水道 工事業者に依頼すれば、信頼できる漏水調査を行ってくれますが、水が漏れているかどうかだけなら、家庭でも調べることが可能です。水道 工事業者に調査を依頼すると、立ち会いしなければならず、時間も取られます。また、自分で調べれば、費用をかけることもありません。ただし、埋設した排水管まで漏水調査を自分で行うことは難しいです。自分で調べても水が漏れているか判断できない、場所が特定できない場合は水道 工事業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース